TOP > WORKS > 調査・企画・構想 > 区民健康情報システム基本構想調査


内容紹介
 

 この調査は、世田谷区が「健康せたがやプラン」により、一次予防を重視した健康づくり施策をより積極的に推進するために、健康診査事業を見直し、区民により良い健康診査サービスを提供するためのものである。
 「健康増進法」の成立も踏まえ、区民が目指す新たな健康診査目標を設定し、その達成に向けた健康診査事業の推進に必要な運営システムとそのための区民健康情報の活用を新たな区民の健康づくりサービスにどう活用していくかを検討し、健康情報データベース構築のシステム要件まで提案したものである。

 


目次
 

1.    区民により良い健康診査サービスの提供
  (1) 健康診査事業の充実
  (2) より良い健康診査サービスの提供
  (3) 積極的な健康づくり活動の展開における健康情報の活用
2.    より良い保健行政の推進
  (1) 健康診査情報等の活用による地域診断の実施
  (2) 地域保健介入の施策策定とヘルスプロモーションの推進
  (3) 健康づくり推進体制の樹立と健康を支える環境づくり
3.    健康情報システムの構築
  (1) 健康情報取扱い手法の確立
  (2) データベースの構築(システム要件)
  (3) 健康情報システムの展開

 


世田谷区の将来の健康診査イメージ図
 

 

  Copyright (C) 2012 NICE PARTNERS CO.,LTD All Rights Reserved. ページの先頭に戻る▲