TOP > WORKS > 医療・福祉施設 > 練馬総合病院

用途 病院
施設名称 財団法人 東京都医療保健協会
練馬総合病院
所在地 東京都練馬区旭丘1-24-1
建築主 財団法人 東京都医療保健協会
工事種別 移転新築
施工 建築
株式会社竹中工務店
設備
新菱冷熱工業株式会社
衛生
ダイダン株式会社
電気
ダイダン株式会社
竣工年月 2006.12
建築概要 敷地面積
4,448.34 u
建築面積
2,650.93 u
延床面積
11,010.59 u
構造規模
RC造,地上5階,地下1階
諸データ 病床数・定員数
224床
診療科目
内科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・漢方内科・循環器内科・放射線科・リハビリテーション科
外来患者数
 
年間救急患者数
 
年間手術件数
 
延床面積/床
49.15 u
病棟面積/床
21.80 u
記載日 2012.02現在
備考  

計画概要
 
 本院は1948年、戦後の荒廃した世相の中で、地域住民自らの手で地域医療の拠点として設立された病院であり、今でも公益法人として、地域住民が理事等に参画している。現地での建替えが不可能な中、この地域内で新病院の用地を確保するのは容易でなく、苦労の末確保できた現在地でも病院の理想を100%実現するには狭かった。そのためハートビル法の認定による面積緩和を採用し、高さ制限の厳しい中、管理部門を地下にする等の工夫をし、理想に少しでも近づけた。1階では外来患者が全て終わるようにし、外来・検査・放射線・リハビリを配した。2〜5階が病棟であるが、2階は外科系病棟に手術室、ICUで構成している。3階は産婦人科病棟と分娩室で構成している。4,5階は4床と個室で構成し、個室率は25.3%である。院内は管理部門や病棟、申請時等をICカードによるセキュリティー対策をしている。また本院は2003年に、厚生労働省の電子カルテ・レセプト電算処理システム導入事業として電子カルテを導入し、2006年にはDPC請求を開始する等、病院情報システムでは先駆的であり、今回の工事でLAN配線は6万mを超えている。
 

  Copyright (C) 2012 NICE PARTNERS CO.,LTD All Rights Reserved. ページの先頭に戻る▲