TOP > WORKS > 医療・福祉施設 > 圏央ヘルスケアセンター若狭

用途 診療所+通所リハビリテーション
施設名称 医療法人 至仁会
圏央ヘルスケアセンター若狭
所在地 埼玉県所沢市若狭3丁目2570-2
建築主 医療法人 至仁会
工事種別 新設
施工 建築
佐田建設株式会社
設備・衛生
株式会社ヤマト
電気
伸栄電設工業株式会社
竣工年月 2010.11
建築概要 敷地面積
1,731.35 u
建築面積
737.08 u
延床面積
1,766.59 u
構造規模
S造,地上3階,塔屋1階
諸データ 診療科目
内科・眼科・耳鼻咽喉科・整形外科・皮膚科
外来患者数
 
診療所名称
よしかわクリニック
通所リハビリテーション名称
よしかわ通所リハビリテーション
「道」
記載日 2012.02現在
備考  

計画概要
 
 昭和60年開院の吉川病院は圏央所沢病院として平成21年に移転新築をしたが、その跡地での診療継続を望む近隣住民の要望に応えると共に、医療・介護の連続性を生かすために、吉川病院跡地に“よしかわ通所リハビリテーション『道』”と、内科・眼科・耳鼻咽喉科・整形外科の“よしかわクリニック”を組み合わせた計画とした。
 1階は、中央のエントランスホールに面して、各科独自のテーマによる内装を施した待合室を持つ4科のクリニックを配置した。2階は通所リハビリテーションで、2層吹抜きと大開口のカーテンウォールにより、開放的で心地よい空間とした。開口部を大きくしたことによる空調負荷への対策として、サッシ外側に化粧方立てを設けて入射熱(特に西日による)をカットし、ガラスも熱線反射複層ガラスにして熱の入流出を最小限にした。この部分が建物のイメージアクセントにもなっている。3階は事務部分と共に、大きめの会議室を設けて近隣住民への研修会等にも使えるようにし、地域に密着したヘルスケアセンターを目指した。
 

  Copyright (C) 2012 NICE PARTNERS CO.,LTD All Rights Reserved. ページの先頭に戻る▲